ギャラ飲みよりpato ~ パト(pato)の写真のコツを大公開!いいねが増えること間違いなしです。~

パト(pato)の写真のコツを大公開!いいねが増えること間違いなしです。

こんにちは、pato運営 CSチームの細川です。
pato登録したけど、

「キャストからいいねされないし、いいねしてもメッセージが返ってこない…」

「人気のあるユーザーのプロフィールの書き方を知りたい」

といった状況になっていませんか?

確かに、プロフィールを上手に設定することでキャストからの安心感が高まり、人気度は大きく違いが出てきます。
人気度が高まると

  • 気になるキャストから返信メッセージをもらいやすくなる
  • 届くメッセージ数が増える

などもメリットがあります。

今回はプロフィール設定・自己紹介文の書き方コツをまとめてご紹介します。

人気になるプロフィール写真設定

人気になるプロフィール写真設定

重要なのは、安心感を与えることです。

安心感ある写真を設定することで、「この人とは安心して合流できそう...」とキャストに感じてもらうことができます。

(1)お顔のわかる写真を設定する

お顔のわかる写真が1枚あるだけで、具体的な人物像を想像ができて安心感に繋がります。

(2)自撮りよりも他撮りの写真を設定する

自分自身で撮影した写真よりも、他の方に撮影したもらった写真の方が客観的に撮影された写真となっているため魅力伝わる写真が多いです。

(3)身だしなみが整っている写真を設定する

人の印象は、身なりやちょっとした仕草でガラリと変わるものです。身だしなみが整った写真を設定することで、きちんとしていそう」など印象をコントロールすることができます。

プロフィール写真の設定方法

以下の手順で設定をすることができます。

① マイページ>② プロフィール>③写真を追加>④設定>


①マイページを開く

②上部にあるプロフィールをタップする

③プロフィール写真を追加する➕ボタンをタップする

④設定したい写真を選択・設定をする

人気になる自己紹介文の書き方

自己紹介文があるだけで、会話のきっかけが沢山うまれやすくなります。

きた、共通する趣味などによって会話の盛り上がりに違いがでます。

(1)趣味・特技は具体的にアピールする
趣味・特技はキャストへの強いアピールポイントとなります。
いくつかある趣味の中から相手も興味ありそうな趣味をピックアップして重点的に書きます。

(2)よく活動しているエリアなどを書く
よくいるエリアがあることで、例えば「交差点にある〇〇ってお店美味しいよね〜」など行きつけのお店を紹介しあう流れになるなど盛り上がりやすい話題として扱われます。

(3)事前に伝えておきたい情報を書く
例えば、『お酒は飲めません』と自己紹介文に情報があった場合はお酒が飲めない方ということが相手に伝わりスムーズなメッセージのやりとりをすることができます。

自己紹介文の設定方法

以下の手順で設定をすることができます。
① マイページ>② プロフィール>③自己紹介>④設定>

①マイページを開く

②上部にあるプロフィールをタップする

③いくつかある項目から自己紹介をタップする

④自己紹介文を設定する

最後に

patoでは、みなさまが安心してご利用いただけるよう、引き続きサービスの改善に取り組んでいきます。今後ともpatoをよろしくお願いいたします。

patoとは

スキルや得意を持つ人と仕事を依頼したい人を繋げるスキルシェアサービスです。

依頼者は、イベントやコンサートの会場に出向く必要はなく、行きつけのレストランやカラオケ等の施設で手軽に楽しむことができます。生活者の"いつものシーンを非日常に"彩ることで、日本を元気にするサービスを目指していきます。

2017年6月のリリース以降、地上波TVや雑誌のメディアでも話題となり、60万ダウンロードを超え、30万回以上のマッチングを達成。

patoについてさらに詳しく知りたい方はこちら

patoロゴ
pato(パト)
  • DL数60万突破!
  • 24時間365日全国で利用可能
  • キャスト在籍数業界No1
  • 全キャスト面談実施のためハイクオリティ
  • リピート率90%越え!業界で一番信頼のあるサービス
  • 30分以内に合流可能!

  • Home
  • News
  • パト(pato)の写真のコツを大公開!いいねが増えること間違いなしです。