ギャラ飲みよりpato ~ キャバクラとは?ラウンジとの違いから料金システム・お店の選び方まで徹底解説~

キャバクラとは?ラウンジとの違いから料金システム・お店の選び方まで徹底解説

キャバクラとは?

そもそもキャバクラがどんな場所なのか、まだ行かれたことがなく実態を知らない方もいるでしょう。
キャバクラとは、「キャバ嬢と呼ばれる女性が客席にて男性相手に接待を行う飲食店」のことを指します。
キャバ嬢という存在は、お店にきた男性客に楽しい時間を提供するための女性従業員です。お店ではキャストと呼ばれています。
洗練された容姿や人を楽しませるスキルを兼ね備えた女性にされる接客は日常を忘れて特別なひとときを味わうことができます。

キャバクラは初めてだと行き辛いイメージが先行しますが、きちんと前もってキャバクラのシステムや料金について理解しておくことで初回でも安心して利用できます。今回はキャバクラ未経験の方でも分かりやすいように、キャバクラとラウンジの違いや指名制度とは何かなど解説していきます。

また、優良店の選び方やキャバクラで使われる専門用語もご紹介するので最後までご覧ください。

ラウンジとの違い

まずは、キャバクラとラウンジの違いについて解説していきます。どちらも飲みの席で女性が接客をするという点では同じですが、仕組みは全く異なります。

キャバクラ ラウンジ
接客方法 マンツーマン 複数接客
客層 疑似恋愛目的 女の子とわいわいお酒を楽しみたい
衣装 ・きらびやか
・セクシー
・清楚で可憐
・洗練された大人


キャバクラ
キャバクラの接客はマンツーマンが基本です。キャバクラといえば接待という印象もありますが、なぜ接待でキャバクラを使う機会が多いのか気になる方は多いかと思います。
実はこのマンツーマン接客に理由があります。接待先相手のご機嫌は全て席についたキャストがとってくれるので、自分たちで接待するよりも遥かに相手を盛り上げ楽しませることができます。接待先の気分が良くなることで、接待以降の商談や会議において自社にとって有利かつ円滑に物事が進む様になります。

客層としては上記のような接待利用の方もいますが、疑似恋愛を求めている男性が大半を占めています。日常において会話することができないようなとても美しい女性と会話をすることは、日々の癒しになるでしょう。
普段女性と上手く会話ができない、もしくは相手にされないなんてことがあったとしても、キャバクラに一歩足を踏み入れたらそこは別世界です。好みの女性と恋愛関係を持ったような距離感で、楽しい時間を過ごせます。

キャバ嬢の衣装を一言で表すと「豪華絢爛」です。華やかで派手なドレスは煌びやかなムードをさらに引き立てます。多くのキャバ嬢は比較的露出の多い衣装を着飾っているので、スタイルがよくわかり、とてもセクシーです。

ラウンジ
ラウンジの接客は複数接客です。特定のキャストに会いに行くというよりは、気兼ねなくいろんなタイプの女性とお酒を飲みながら会話を楽しみます。またキャバクラとの違いとしてラウンジにはお店の切り盛りをしている「ママ」が存在します。この「ママ」の性格や人柄、方針によって接客スタイルは大きく異なります。

客層としては大人数でわいわい盛り上がりたい方が多いです。複数人による接客なので特定のキャストを口説くためにお金を貢ぐような方はいません。しっとりとしたムードではなく、騒がしい雰囲気が好きな方に向いています。

ラウンジで働く女性の衣装はキャバクラほど派手ではありません。大人数で盛り上がることが趣旨なので着飾る必要はなく、私服でワンピースを着ているキャストもいます。

キャバクラの指名制度とは?

キャバクラの指名制度とはお気に入りのキャストを指名することで自分の席へ優先的につけることができる制度です。フリー(指名をせずに楽しむ)の場合でも3人程度のキャストが入れ替わりで接客をしてくれますが、好みの女性やどうしても話してみたい子がいたら指名をしましょう。
指名には2種類あります。それぞれの特徴や違いについて解説していきます。

場内指名

場内指名とは、”指名なしで席についた際に店内で気に入ったキャストをその場で指名すること”です。
例えば、キャバクラにフリーで入店するとします。たまたま自分の席についてくれたキャストがタイプで当たりだとしても時間が経てば他の席に移動してしまいます。そこで場内指名をすることでフリーではなく指名という扱いになり、時間を伸ばすことができます。

本指名

本指名とは、“入店時にお気に入りのキャスト名を伝えて指名すること”です。
例えば、初めてキャバクラにいった時に好みのキャストがいたとします。次回来店時にそのキャストを指定することで本指名となり確実に席につけることができ、キャストの売上に貢献できるので絶対に会いたいキャストがいる際は本指名を入れましょう。

場内指名よりも本指名を使い分けることで、キャバ嬢からの人気に違いが出ます。

キャバクラの料金システム

キャバクラの料金システムは、まだ行ったことがない方からすると複雑で難しい印象をもたれています。初めての際にも安心して利用することができるよう事前に料金システムを理解しておきましょう。全部で13個あるシステム項目を一つ一つ丁寧に詳しく説明していきます。

キャバクラの料金システムは下記の料金で構成されてます。
なお、下記全ての料金がかかるわけではないのでご安心ください。

  • セット料金
  • 場内指名料金
  • 本指名料金
  • 延長料金
  • キャストドリンク
  • ボトル料金
  • 割もの料金
  • フード料金
  • 同伴料金
  • 消費税
  • クレジット決済手数料
  • 持ち込み料金
  • TAX、サービス料

セット料金(平均:5,000円)

セット料金はキャバクラ入店時に必ずかかる料金のことです。店舗によって1セット50分から90分と違いますが、60分1セットとしている店舗が多いです。

セット料金は一般の方をターゲットとした大衆店、高収入のサラリーマンから経営者をターゲットとした中堅店、士業や経営者など富裕層をターゲットとした高級店で棲み分けされます。

【セット料金目安】

  • 大衆店:3,000円から4,000円
  • 中堅店:5,000円から7,000円
  • 高級店:10,000円以上

場内指名料金(平均:1,000円)

先ほど紹介した場内指名の料金はおよそ1,000円です。店舗によって3,000円まで幅はあるので事前に確認をしましょう。
キャストから「もっと一緒にいたい!」と言われて場内指名をした場合も料金は同様に発生するので注意が必要です。

本指名料金(平均:3,000円)

本指名料金は2,000円~5,000円ほどとなっています。超高級店では本指名料金が数万円することもあるので、入店時に事前確認をしておきましょう。

延長料金(平均:1セット料金の半額)

セット時間が過ぎると延長料金が発生します。延長に入る前に延長確認をとってくれる店がほとんどですが、中には自動的に延長になる店舗もあるので注意してください。

延長時間は店舗によって設定方法が異なり、

  • 延長時間=1セット
  • 延長時間=1セット半の時間

上記どちらかに設定しています。料金もその設定時間によって異なりますが、
「1セット=60分、延長=30分、料金=1セットの半額」
の場合が多いです。

キャストドリンク代(平均:1,000円)

セット料金の中には、「ハウスボトル」という飲み放題のお酒がついているため自身が飲むドリンク代は含まれています。ですが、キャストが飲むドリンク代は入っていません。
一緒にお酒を楽しむためにはキャストが飲むドリンクを注文する必要があります。

キャストドリンクのおおよその値段は以下の通りです。

【キャストドリンク代の目安】

  • ソフトドリンク:500円から
  • カクテル:1,000円から
  • 焼酎水割り:1,000円から
  • グラスワイン:1,000円から
  • グラスシャンパン:2,000円から

ドリンクの金額が記載されたメニュー表が用意されている店舗もあるので、料金を確認してから注文すると良いでしょう。

ボトル料金(平均:5,000円)

シャンパンやワインといった有料のボトルも注文できます。ボトルを注文することでキャストと一緒に飲むことが可能なため、お得に会計を済ませることができます。

【ボトル料金の目安】

  • 焼酎:3,000円から
  • ウイスキー:7,000円から
  • シャンパン:10,000円から

ボトルによって料金はピンキリです。高級なシャンパンだと1本だけで数十万円するものもあるので、事前に料金を必ず確認するようにしましょう。うっかり注文してしまい後から後悔しないように気をつけてください。

割もの料金(平均:500円)

先ほどのボトルのドリンクに追加で水割りやソーダ割りを注文すると割もの料金が発生します。こちらはかかるお店とかからないお店に分かれます。

【割りもの料金の目安】

  • 水・お湯:500円
  • ソーダ・炭酸水:700円
  • 緑茶:500円

一般的には上記にあるような金額帯で注文することができますが、超高級キャバクラ店となると1000円以上もかかることあります。デキャンタ単位といったように量の制限があるので頼む分追加で料金がかかるシステムです。ちなみに氷(アイス)は料金に入っているため、後から追加請求される心配はありません。

フード料金(平均:1,000円)

フードにも、もちろん別途料金が発生していきます。

【フード例と料金目安】

  • 乾きもの(ナッツ盛り合わせ・簡易的なお菓子等):1,000円から
  • 前菜(枝豆・生ハム等):1,000円から
  • 主食(サンドウィッチ・スパゲッティ等):3,000円から
  • デザート(フルーツの盛り合わせやチョコ等):5,000円から

フードはコスパがよくありません。なのでお酒のつまみ程度に考え、キャバクラに行く前に食事を済ませておくのがおすすめです。

同伴料金(平均:2,000円)

同伴とは、”キャバクラ出勤前にお気に入りのキャストと軽くお食事を2人で楽しんだ後にそのままお店に入店すること”です。同伴料金は1,000円から5,000円が相場ですが、入店時にそのまま本指名料が生じる仕組みになっているので気をつけてください。

つまり同伴料金には、

  • 同伴料金 と 本指名料金

がかかります。平均でいうと、同伴料金2,000円+本指名料金3,000円の合計5,000円くらいが費用としてかかります。さらに同伴をしたキャストの飲食代や、もしくは何かサプライズでプレゼントを渡す場合はそのプレゼント代もかかります。

消費税(10%)

消費税は必ずかかります。飲食代は”外食”としてみなされるため、軽減税率(8%)は適用されません。店舗によりその請求方法は違います。
【表記による違い】

  • 「税サ」表記:TAX・サービス料込
  • 「サ別」表記:TAX・サービス料抜き

「TAX・サービス料」に関しては後述しますが、仮に明細上「税サ」と表記されていたら、別途消費税は発生しません。

クレジット決済手数料(平均:料金の10%)

クレジットカードで決済した場合、店舗はクレジット決済手数料をカード会社へ支払うことになっており、その手数料を会計に上乗せすることもあります。

もしクレジットカードで支払う時だけ合計料金に上乗せしている場合は、明細上と引き落とし金額が異なるので予め料金の差異について説明をしてくれます。

手数料を気にされる方は現金払いがおすすめです。

持ち込み料金(平均:3,000円)

持ち込みとは”お客様が外から飲み物や食べ物を店内へ持ち込むこと”です。持ち込みが可能な店舗はありますが、持ち込むこと自体に料金が発生します。

【持ち込み料金】

  • 飲み物ボトル:3,000円から
  • 食事系(ピザ・寿司等):1,000円から

ボトルは持ち込まれると店舗にとって売り上げに繋がりにくくメリットがないため、ボトルの持ち込み行為を禁止しているところが大半です。
食事に関しては、近隣の飲食店と提携していて、出前を頼むことができるお店もあります。ただ、出前にももちろん持ち込み料が発生するので、通常の料金に加えて10%くらい上乗せされます。

TAX・サービス料(平均:税サで30%・サ別で20%)

このTAX・サービス料は最も注意するべきです。会計時に予想外の金額になる原因のほとんどはこれに影響されています。なぜかというと、TAX・サービス料はこれまでご紹介した全部のサービスにかかってくるからです。
パーセンテージは店舗ごと、さらには地域ごと(都心or地方)でも変わります。

【TAX・サービス料の目安】

  • 地方で税サの場合:10%~15%(目安:15%)
  • 地方でサ別の場合:10%~20%(目安:20%)+消費税10%
  • 都内で税サの場合:20%~40%(目安:30%)
  • 都内でサ別の場合:15%~30%(目安:20%)+消費税10%

分かりやすくするために、以下の例をご覧ください。
【利用料金例】

  • セット料金:5,000円
  • 場内指名1人:1,000円
  • キャストドリンク1杯:1,000円⇒計7,000円

この7,000円を、上記の4パターンで計算してみます。(目安にて計算)
【請求料金例】

  • 地方で税サの場合:8,050円
  • 地方でサ別の場合:8,400円+消費税 合計9,240円
  • 都内で税サの場合:9,100円
  • 都内でサ別の場合:8,400円+消費税 合計9,240円

もし会計金額が数万円の単位になってくるとその差はさらに広がるでしょう。メニュー表では20,000円であってもTAX・サービス料に税サで40%かかっていたら、請求金額は24,000円です。
酔っ払っている時にこのような計算をするのは難しいでしょう。なので事前にどのようなシステム体系なのかをきちんと把握し、後先考えずに注文しないよう心がけましょう。

優良店を見極めるポイント

全国にキャバクラは54,000軒ほどあります。優良店がほとんどですが中には悪質なぼったくり店も残念ながら存在します。最初に訪れた店舗でキャバクラに対するイメージが悪くなってしまうのはもったいないです。
なので、初心者でも安心の”絶対に外さない優良店の選び方”をここまで見ていただいた皆様に伝授します。
以下に、その選び方についてまとめました。

  1. 客引きやキャッチをしていない
  2. ポータルサイトに登録している
  3. 明朗な料金システム
  4. 営業許可をしっかり取っている


客引きやキャッチをしていない
客引きやキャッチに紹介される店舗は大概が悪質店です。客引き行為自体を禁止している都市もあり、そういった地域で条例(客引き行為禁止条例)に違反して客引きをしているお店はその時点で優良店とは言えません。客引きやキャッチは安い料金提案で誘導しようとしてきますが、もちろんその値段通りに会計を済ませることはできず、後から値段を釣り上げてくるので気をつけてください。
​​
ポータルサイトに登録している
キャバクラやラウンジといった夜のお店をまとているポータルサイトがいくつか存在します。このポータルサイトに登録しているお店は優良店といえます。

さらには店舗公式のサイトがあり、在籍しているキャスト情報や料金システムをしっかり載せているキャバクラは信頼できます。

逆にインターネットでいくら検索してもお店の公式サイトが見つからなかったり、店舗情報(口コミ等)が載ったページが一件も無いキャバクラは、怪しいので行かないようにしましょう。

明朗な料金システム
行く前に電話で料金について質問した際に、しっかりと回答してくれるキャバクラは優良店の可能性が高いと言えます。
逆に回答を濁したり曖昧な言い方をするキャバクラは悪質店かもしれません。初めて行く場合はぼったくり被害に遭わないよう避けましょう。

営業許可をしっかり取っている
無許可営業のキャバクラは悪質店だと断定できます。
届け出をちゃんと出していることをしっかり確認できる店舗を選びましょう。

キャバクラでよく使う用語

キャバクラの店内ではキャストとの会話の中で知らないキャバクラならではの用語が飛び交い、何の事なのかさっぱり分からなくなるでしょう。キャバクラならではの用語を覚えていれば、会話において困ることがなく安心です。覚えておくとキャバクラをより楽しめる用語をあいうえお順に解説していきます。

アイスペール

アイスを入れる容器のこと

アフター

キャバクラの営業時間が終わった後に、席についていたキャストと飲みに行ったり食事出かけること。

営業電話

キャストがお客様を呼んだり、指名をもらうためにかける電話。

大箱

広いお店のこと。

通し

キャストが営業開始(オープン)から営業終了(ラスト)までいること。別名オーラス

キャッシャー

会計をする場所及び人のこと。

黒服

キャバクラなどの夜のお店で勤務している接客スタッフのこと。ボーイやエスコートとも言う。

ゲスタン

来店されたお客様用のタンブラー(大型のコップ)のこと。ゲストタンブラーの略称

源氏名

お店で呼ばれる時の名前(偽名)のこと。いただく名刺には源氏名が書いてあります。

小箱

小人数向けのお店のこと。

新規

初めて来店したお客様のこと。

チェイサー

一般的に水の事。

チャーム

おつまみのこと。ポップコーンや柿ピー、チョコなどが多いです。

通し

キャストがオープン(開店)からラスト(閉店)まで勤務すること。

飲みキャラ

色恋営業はせずに、お酒を飲みまくり人気を勝ち取るキャストのこと。

ヘルプ

指名キャストが席を離れた際の繋ぎ役となるキャストのこと。

ビジター

キープボトルのないお客様のこと。
※フリーのお客様、初回来店のお客様のことを指す場合もあります。

太客

お店で沢山のお金を使ってくれるお客様のこと。

細客

お金をあまり使ってくれないお客様のこと。

マドラー

お酒をかき混ぜる時に使用する、プラスチックやガラス製の棒のこと。

ミネ

ミネラルウォーターのこと。

レギュラー

一週間ほぼ毎日休みなく出勤しているキャストのこと。

いいお店が見つからない…そんな時は?

いいお店はたくさんあります。しかし、”あなたにとって”のいいお店は実際に店舗へ足を運んで体験してみないことには分かりません。また、しっかり店選びをしたとしても自身の好みのキャストに当たらないこともあります。高額な料金を支払ったのにも関わらず満足いかずに帰るなんてもったいないですよね。

そこでおすすめしたいのが、エンタメマッチングアプリの「pato」です。
patoがおすすめな理由はこちらです。

  1. いつでもどこでも好きな場所でキャストに会える
  2. 料金が事前にいくらかかるのか分かりやすい
  3. キャストのクオリティが高い
  4. 安心のサポート体制


いつでもどこでも好きな場所で好みのキャストに会える
patoは24時間365日サービス運営がされており、全国展開もしているため出張先でも使えます。アプリ1つでいつでも気軽に、盛り上げ上手な女性を呼ぶことができます。清楚系からギャル系、ノリが良い子やしっとり系、カラオケが得意もしくはお酒が強い、といったようにご自身の趣味嗜好に合わせて呼べます。
また、キャバクラだとフードやドリンク代が高くつきますがpatoではカラオケ店や行きつけのBARなどの飲食店で合流できるので出費を抑えることができます。

募集開始からキャストは30分ほどで到着するので、急に利用したくなった時にもおすすめです。
​​
料金が事前にいくらかかるのか分かりやすい

patoは料金がいくらかかるのかが注文時に分かります。そのため明細をみた時に青ざめる心配はいりません。キャストはクラスというランクが存在し、このクラスごとに料金は異なります。なのでそれぞれの予算にあった遊び方が可能です。

料金の詳細を確認したい方はこちら

キャストのクオリティが高い
patoのキャストは完全審査制で、全国で実施されている審査通過率10%というかなり厳しい面談に通過した方のみが登録できる仕組みになっています。そのためスタンダードクラスのキャストでも誰もが満足できるクオリティで、中には誰もが知っているモデルや芸能活動をしている子も登録しています。もちろんテーブルマナーや気遣い、接客サービスも質の高い子ばかりです。

安心のサポート体制
アプリサービスなのでトラブルが多いのではないかと感じられる方もいると思います。しかしpatoはそこもしっかりしています。24時間体制でカスタマーサポートセンターがどんなトラブルにも対応にあたってくれます。領収書の発行手続きやシステムについて分からないことがあれば迅速に返信をしてくれるので安心して利用することができます。

patoロゴ
pato(パト)
  • DL数60万突破!
  • 24時間365日全国で利用可能
  • キャスト在籍数業界No1
  • 全キャスト面談実施のためハイクオリティ
  • リピート率90%越え!業界で一番信頼のあるサービス
  • 30分以内に合流可能!
  • SOS機能や電話窓口があるので安心して使える!


  • Home
  • News
  • キャバクラとは?ラウンジとの違いから料金システム・お店の選び方まで徹底解説