ギャラ飲みよりpato ~ ユーザーとの心温まるエピソードをご紹介~

ユーザーとの心温まるエピソードをご紹介

こんにちは、patoCSチームの五十嵐です。

CSチームの嬉しかった出来事を5つご紹介
早いことに今年も残り1週間となりましたね、皆様はどんな年末年始をお過ごしのご予定でしょうか。
私は海外旅行にも行けず、友達と出歩くことも出来ず残念な1年になるなと落ち込んでいたところ、ご縁がありpatoの運営として働かせていただくこととなりました。初めはpatoって...いう状態だったのですが、いろいろ知っていくと面白いサービスと感じてワクワクが止まりませんでした。

CS業務をおこなう上で1番嬉しいのは、ユーザー皆さまからの「今日も楽しかった」「◯◯さん最高でした」「キャストのおかげでいつも以上に盛り上がりました」などのご満足いただけたお言葉をいただけることです。
今回は、patoCSチームがCS業務をしている中で嬉しかったことをご紹介させていただきます。

CSチームの嬉しかった出来事を5つご紹介

「忙しい中返信ありがとうございます」
patoは24時間対応をしているため深夜帯に言われたこの言葉には感動したとのことでした。

②「3周年のおめでとうございます」
多くのユーザーにご愛顧いただいているおかげで、patoは今年で4周年目に突入いたします。お祝いのお言葉は感激いたしました。

「新ギフトを沢山ご利用してていただけたとき」
デザイン・イベントなどについて多くの時間を費やし思考錯誤しているため、リリース後につぶやきなどで「◯◯ギフトかわいい」などと言ってもらえるとやりがいを感じるとのことでした。

「patoで人生変わりました」
私も人生変わりました、patoにはたくさんの経験をさせていただき感謝しています」と言っていただきました。

「対応に感動いたしました!名前をお伺い出来ますでしょうか。」
いただいたお言葉には運営一同感激させていただきました。私もいつか名前を聞いていただけるような対応をユーザーに出来るようになろうという目標ができました。

最後に

いただいたお問い合わせを解決させていただたときに『ありがとう』と言われるだけでとても嬉しいです。スマホ画面を通してのやりとりのため、どうしても「自動文なのではないか」というご意見を度々いただきます。しかし、お問い合わせは1つ1つCSメンバーが返信させていただいております。みなさまが安心してご利用いただけるよう、引き続きサービスの改善に取り組んでいきます。今後ともpatoをよろしくお願いいたします。

patoへのご登録はこちらから👉 【マッチング数No.1 pato】

  • Home
  • News
  • ユーザーとの心温まるエピソードをご紹介